calendar card_ids card_members member new note present school trophy JSBA CSBA ESBA HSBA KSBA NSBA SSBA TSBA youtube facebook instagram twitter

Education Headquarters教育本部

資格マニュアル

A・B・C級公認インストラクター

その名の通り、スノーボーダーを公に指導することができるのがこの資格。
バッジテスト1級所持者が受験できるC級インストラクターと、その上のグレードに値するA級、B級インストラクターがある。なお、A級はJSBA公認スノーボードスクール(スキー場に常設されているスクール)を、B級では認定スノーボードスクール(非常設)を、校長として開校することができる。
C級インストラクターはJSBA公認学校、認定スクールにてインストラクター登録ができる。

A級 B級 C級
受験者の資格
(C級インストラクターは講習会)
・B級インストラクター資格所持者で資格が有効な者
・B級インストラクター資格取得後、公認・認定スノーボードスクールで20単位(40時間)以上の指導を行い、それを証明できる者
・C級インストラクター資格所持者で資格が有効な者
・学科合格後、実技試験前に公認スノーボード学校にて実技事前講習を4単位(8時間)以上行い、それを証明できる者
・申込日までに満18歳以上
・バッジテスト1級を所持していることを証明できる者
※公認プロおよび全日本選手権上位入賞者は免除あり
・規定の救急法講習会を修了していること
学科試験の内容
(C級インストラクターは講習)
技術・指導法・ルールマナー・救急法等に関する事項:「JSBAスノーボード教程」より。オフィシャルハンドブックより規約規程を出題。 「JSBAスノーボード教程」、C級インストラクターテキストによる講習
実技試験の内容 ●ベーシックカーブ ロング
●ムーンスライド ミドル
●ベーシックカーブ ショート
●フリーライディング
●ダイナミックカーブ ショート
●エア
●ベーシックカーブ ロング
●フォールスライド ミドル
●ベーシックカーブ ショート
●フリーライディング
●ダイナミックカーブ ショート
●エア
なし
取得後の活用先 公認・認定スクールの校長をすることができる(※満20歳以上に限る) 認定スノーボードスクールの校長をすることができる(※満20歳以上に限る) JSBA公認学校、認定スクールにてインストラクター登録が出来る
アドバイス試験対策 所属スクールで指導を受ける、またはJSBA公認スノーボード学校においてデモンストレーターやA級インストラクターに苦手な部分をコーチしてもらおう。 所属スクールで指導を受ける、またはJSBA公認スノーボード学校においてデモンストレーターやA級・B級インストラクターに苦手な部分をコーチしてもらおう。 「JSBAスノーボード教程」を徹底的に読み込む。(完全予習の義務があります)
認定講習会は2日間で筆記、実技試験はなし。
受験費用 学科受験料  7,500円(税別)
実技受験料 16,000円(税別)
学科受験料   6,500円(税別)
実技受験料  11,500円(税別)
受講料  19,000円(税別)
試験開催予定時期 学科検定は室内、実技検定は屋外での開催。各地区協会にて開催。 学科検定は室内、実技検定は屋外での開催。各地区協会にて開催。 各地区協会にて毎年複数回開催。詳しい開催日程はJSBA公式サイト(www.jsba.or.jp)等にて掲載。
資格の有効条件 毎年会員登録を継続すること。
3年度に1度資格更新手続きをすること。
3年度に1度年次講習会を受講すること。
資格の更新条件 毎年会員登録を継続すること。
3年度に1度資格更新手続きをすること。
(申請書、写真の提出、更新料14,500円(税別)の支払い)
毎年会員登録を継続すること。
3年度に1度資格更新手続きをすること。
(申請書、写真の提出、更新料12,500円(税別)の支払い)
毎年会員登録を継続すること。
3年度に1度資格更新手続きをすること。
(申請書、写真の提出、更新料10,500円(税別)の支払い)
資格の抹消 会員登録をせず、丸1年を経過した場合。
資格更新をせず、丸1年を経過した場合。

A・B・C・D級公認検定員

バッジテストや、インストラクターの試験を行う際に合格者を判断する人=検定員になるための資格。
D級検定員はバッジテスト3級~5級の検定を、C級検定員はバッジテスト全級の検定を、B級検定員はバッジテスト、TECH.1・2、B級インストラクターの検定を、A級検定員ではバッジテスト、TECH. TEST、A・B級インストラクターの検定をすることができる。

A級 B級 C級 D級
受験者の資格
(D級検定員は講習会)
・A級インストラクターとB級検定員資格所持者でその両資格が有効な者
・B級検定員資格取得後、3回以上B級インストラクター検定会の検定員、または模擬検定員として検定を行い、それを証明できる者
・A級インストラクターとC級検定員資格所持者でその両資格が有効な者
・C級検定員資格取得後、3回以上バッジテストの主任検定員を行い、それを証明できる者
・B級インストラクター以上の資格とD級検定員資格保持者でその両資格が有効な者
・D級検定員資格取得後、3回以上バッジテスト3~5級の検定員、または1~2級の模擬検定員として検定を行い、それを証明できる者
・C級インストラクター以上の資格所持者でその資格が有効な者
・C級インストラクター資格取得後、10単位(20時間)以上指導実務を行い、それを証明できる者
学科試験の内容
(D級検定員は講習)
バッジテスト・インストラクター検定に関する事項:「JSBAスノーボード教程」より種目に関する技術。オフィシャルハンドブックより規約規程を出題 バッジテストに関する事項:「JSBAスノーボード教程」より種目に関する技術。オフィシャルハンドブックより規約規程を出題 バッジテスト検定規定、バッジテスト運営要領、着眼点の理解、点数のつけ方など検定員に必要な事項の講習
実技試験の内容 スノーボード検定規定による実技試験の要領で、インストラクター試験又は模擬滑走者の試技を検定 スノーボード検定規定による実技試験の要領で、バッジテスト受験者又は模擬滑走者の試技を検定 なし
取得後の活用先 全ての検定員、インストラクターの検定会、及びバッジテスト、TECH TEST全級の検定 B・C級検定員とB級インストラクター検定会、及びバッジテスト全級、TECH TEST1、2級の検定 スノーボードバッジテスト全級の検定 スノーボードバッジテスト3級~5級の検定
アドバイス試験対策 各地区協会で開催する検定会に研修員として参加し、採点方法や運営方法の研修を行うことができる
※地区協会へ事前に参加を申し込むことが必要
所属する各公認学校で開催するスノーボードバッジテストに研修として参加、または着眼点の勉強をしておくとGOOD
※研修参加は各校の運用規程によるので事前に確認が必要
受験費用 学科受験料  5,000円(税別)
実技受験料  9,500円(税別)
受講料 9,500円(税別)
試験開催予定時期 学科検定は室内、実技検定は屋外での開催。各地区協会にて開催。 学科検定は室内、実技検定は屋外での開催。各地区協会にて開催。 学科検定は室内、実技検定は屋外での開催。各地区協会にて開催。 各地区協会にて毎年複数回開催。詳しい開催日程はJSBA公式サイト(www.jsba.or.jp)等にて掲載。
資格の有効条件 毎年会員登録を継続すること。
3年度に1度資格更新手続きをすること。
3年度に1度年次講習会を受講すること。
資格の更新条件 毎年会員登録を継続すること。
3年度に1度資格更新手続きをすること。
(申請書、写真の提出、更新料7,500円(税別)の支払い)
資格の抹消 会員登録をせず、丸1年を経過した場合。
資格更新をせず、丸1年を経過した場合。

インストラクター・検定員の資格を取得したら

  1. 毎年の会員登録が必要です。
  2. 3年度に1度、資格更新(書類の提出と更新料の支払い)が必要です。
    • ※有効期限は資格認定証に記載されております。
  3. 資格を行使するには、3年度の任期中に1回以上年次講習会を受講する必要があります。
    • ※2015年度に資格を取得された方の任期は2015年度~2017年度(2018年8月31日)までとなります。
    • 任期中に年次講習会を受講されなかった場合は、資格更新後「資格停止」となります。
上記内容をPDFでご覧いただけます。
教育本部資格マニュアル はこちらから(PDF版)

※PDFファイルの閲覧には専用ソフトが必要な場合があります。 Adobe Reader 等をご利用下さい