JSBA公認競技会 新型コロナウイルス
感染症対応ガイドライン
JSBA公認競技会 新型コロナウイルス感染症 対応ガイドライン

●はじめに

国(政府・関係省庁)及び各都道府県等の方針に従うことを原則として、感染予防対策に配慮しながら公認競技会を開催していただきますようお願い致します。なお、開催の判断に迷う場合は、開催会場及び開催地の都道府県スポーツ主管課や衛生部局等に相談の上、管轄地区協会または競技本部までご連絡をお願い致します。 なお、本ガイドラインは、感染状況の変化、政府の対策方針等により見直すことがあります。
 

●公認申請に関する2020年度の対応

  例年 2020年度の対応
申請期日 8月31日 10月9日に延長
申請料 地区により異なる(申請案内参照) 変更なし
遅延料 5,500円(税込) 免除
※期日後の申請は雪坊主紙面への
カレンダー掲載不可(Web掲載のみ)
公認料 G1:1種目につき22,000円(税込)
G2:1種目につき11,000円(税込)
G3:1種目につき5,500円(税込)
EX:1種目につき5,500円(税込)
変更なし

 

●公認競技会の開催基準

国(政府・関係省庁)及び各都道府県等の方針に従うことを原則とします。なお、移動日等を含むイベント開催期間内に下表の状況に該当する場合は競技本部長が諮問機関と協議の上、開催可否及び参加者制限等の判断を行う場合がございます。

全日本

・47都道府県のいずれかで緊急事態宣言等が出されている

・47都道府県のいずれかで一斉休校等が行われている

・都道府県間の移動について自粛要請が出されている

・スポーツイベントを含む催物の自粛要請が出されている

地区大会 プロアマ/G1/G2/G3/EX

・開催地エリアで緊急事態宣言等が出されている

・開催地エリアで一斉休校等が行われている

・都道府県間の移動について自粛要請が出されている

・スポーツイベントを含む催物の自粛要請が出されている

 

●公認競技会における感染予防対策

LinkIcon JSBA公式サイト掲載の「新型コロナウイルス感染症への対応」に基づき感染予防対策を行うことを原則とします。
 

「事業開催にあたってのお願い」

・開催日より過去2週間以内に海外渡航歴がある方、また海外在住者との濃厚接触がある方は参加できません。

・開催日より過去2週間以内に発熱、咳、倦怠感、味覚嗅覚障害等、体調不良のあった方は参加できません。

・開催日より過去2週間以内に新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けた方、また医師に自宅待機指示を受けた方は参加できません。

・開催日より過去2週間以内に新型コロナウイルス感染症の陽性者との濃厚接触があった方は参加できません。

・同居家族や身近な人に感染が疑われる方がいる方は参加できません。

・開催当日、外出前に自宅で検温し、37.5度以上の発熱(または平熱比1度超過)がある方は参加できません。(当日会場にて検温させていただく場合があります。)

・開催当日は必ずマスク等を持参し、着用してください。

・咳エチケットや手洗い、消毒等の感染対策に努めてください。

・事業参加者から陽性者が出た場合、必要に応じて感染拡大防止に必要となる個人情報を保健所等の公的機関に提供いたします。

「事業開催にあたっての感染症対策ガイドライン」

○事業参加にあたり、留意していただく点について、公式サイト、開催要項等にて事前に告知する。

○運営役員・スタッフには以下を義務付ける。

・出勤前に各自検温し、37.5度以上の発熱(または平熱比1度超過)があった場合は自宅待機とする。

・マスク、フェイスガード等の着用を義務付ける。

・試験問題やプリント、教材等の配付・回収時には手指の消毒や使い捨て手袋の着用等の対応を行う。

○その他事業開催時には下記の通り留意する。

・会場入口や受付に消毒液を設置する。

・会場や備品の清掃、消毒を徹底的に実施する。なお、清掃、消毒時にはマスクや手袋の着用を徹底し、終了後には必ず手洗い等を行う。

・室内事業においては、換気を行える会場を使用することとし、会場の出入口や窓などを可能な限り解放し、1時間に最低2回、5分程度(可能であれば常時)換気を行う。

・参加者の間隔を最低1m空けられるよう、定員の設定や配置、班編成に配慮する。

・参加者、役員の密集を避けるよう促す。特に受付は密集しやすいため、時間を区切ったり、場所を分けたりするなど、調整を行う。

・受付や室内事業の会場内においては、アクリル板や透明ビニール、マスク、フェイスガード等を利用し、飛沫感染を予防する。

・その他、利用施設のガイドラインがある場合にはそれに従う。

○感染が疑われる者が発生した場合

・事業責任者より会場責任者へ連絡し、保健所への連絡、消毒や濃厚接触者調査等の指示を受ける。

・上記指示に応じて感染が疑われる者を隔離する。

・上記指示に応じて感染が発生した可能性のある部屋の換気、消毒を行う。

・感染が疑われる者と接触した役員、スタッフ、参加者全員の緊急連絡先等の名簿を作成する。

・事業終了後に参加者の中から感染が疑われる者が発生した場合、保健所等の公的機関の指示を受け、対応を行う。また、調査に協力し、必要な情報提供を行う。

 

●新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のご案内

厚生労働省が開発した、新型コロナウイルス接触確認アプリです。新型コロナウイルス感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることができます。ご自身のスマホ等にインストールしてご利用ください。
LinkIcon 厚生労働省 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)

 
 

 

●ポイントランキング

多くの大会が中止となった2019-2020シーズンの状況を踏まえ、2020-2021シーズンより最終ランキング成立条件を以下のように定めました。
 

「最終ランキング成立条件」

最終ランキングは、当該シーズンにおいて全ての地区が地区大会または全日本選手権への選考を行う為の地区大会該当大会を開催した場合、成立するものとする。

※「地区大会該当大会」とは、地区大会が中止となった場合などに全日本選手選考の参考となる大会のことで、各地区にてあらかじめ設定し告知するものです。

※ランキング集計は3ベストリザルトの合計(現行通り)とし、3大会未満であっても上記の成立条件を満たしている場合は最終ランキングが成立します。

バージョン管理
1. 2020年11月20日 第1版として公開