緊急事態宣言発令中の『公認競技会』の対応
2021年1月13日
日本スノーボード協会 競技本部
緊急事態宣言発令中の『公認競技会』の対応
2021年1月13日
日本スノーボード協会 競技本部

<基本方針>
各地区大会は、当該地区内において緊急事態宣言が発令されている期間中には開催しない。プロアマ・G1大会は、広範囲地域からの参加が見込まれるため緊急事態宣言が発令されている期間中には開催しない。(対応については以下を参照)
 
<緊急事態宣言>
※政府の発表内容に応じて随時更新いたします。
(1月07日発表)

対象地域

埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県

期間

2021年1月8日(金)~2月7日(日)

対象地区

関東地区

(1月13日発表)

対象地域(追加)

栃木県・岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県

期間

2021年1月14日(木)~2月7日(日)

対象地区(追加)

東海地区・西日本地区

○地区大会

以下のいずれかの対応を検討・調整する。

① 緊急事態宣言解除後に延期

② 緊急事態宣言解除後の他地区大会との合同開催

③ 中止(該当大会&ランキングにて選抜)

○プロアマ/G1

地区大会と同等のポイントバリューであるプロアマ及びG1大会は広範囲地域からの参加が見込まれるため以下の対応を要請する。

① 緊急事態宣言解除後に延期

② G2に変更して開催可

③ 中止

○G2/G3/EX/ユーストライアウト

最大限の感染対策を講じた上で開催可。

<共通対応>

  • 国(政府・関係省庁)及び各都道府県等の方針に従うことを原則とする。
  • 緊急事態宣言発令地域での開催は自粛する。
  • 開催会場及び開催地の都道府県イベント開催事前相談窓口やスポーツ主管課、衛生部局等に相談の上開催する。
  • 参加自粛によるキャンセルへの返金対応(デジエントリーの場合ポイント還元)の徹底を要請する。

<公認競技会における感染予防対策>
JSBA公式サイト掲載の「 LinkIcon 新型コロナウイルス感染症への対応 」に基づき感染予防対策を行うことを原則とします。