第24回JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権大会
<各種目ジャッジングポイント>

  • 注意点:
    • ここに記載した内容はあくまでも一般的に考えられることであり、説明した各レベルの滑りに当てはまらない例外的な滑り方が存在すると思われますが、その場合は重要なジャッジングポイントにてらして考えていただけますようお願い致します。また、重要なジャッジングポイントはその重要度を☆マークで表示しています。(☆が多いほど重要度が高い)

「フリーライド自由」

  • スピードの中での流れの良い演技構成であること。また斜面変化に合わせた演技とターンを調和出来るかがポイントです。フリースタイルでのトリックは、流れを途切れさせないスピードにのった演技を求める。他のターン種目と違い、フリーライドなのでターン弧の形状に半円は特に求めず、自由とする。
  • ■レベル1=77点以下
    • ターンにズレがありスピードがない。演技構成も単調で一つ一つの技術が未熟。
  • レベル2=78~82点
    • スピードはあるがターン中のズレが多い。演技構成も単調で一つ一つの技術が未熟。
  • レベル3=83~87点
    • スピードはありカービングになってはいるが、浅回りでターンの質は良くない。演技構成も流れが途切れてしまう。トリックをするが流れが大きく途切れてしまう。
  • レベル4=88~92点
    • スピードもあり積極性も見える。演技構成もまあまあな滑り。トリックの完成度も高いが、やや流れが途切れてしまう。
  • レベル5=93点以上
    • 滑走スピードも高く運動の質も良い。トリックのバリエーション、完成度も高く流れも良い。演技構成の流れも良い素晴らしい滑り。なお、ターン運動の質は、雪面抵抗の少ない効率の良いものほど高い評価をしたい。
  • 上記の滑りの基本評価から転倒などのバランス減点が発生する。
  • <重要なジャッジングポイント>
  • *ターンスピード ☆☆☆☆
    • 基本的にはスピードが速い方が評価は高くなるが、ターンスピードなので直滑降やかなり浅廻りで外力の影響を受けない滑りでスピードを出しても評価にならない。
  • *ターンの質 ☆☆☆☆
    • 外力とのバランスを取りながら、しっかりとボードに働きかけをしてボードの滑走性能を引き出した滑りが評価される。
  • *演技構成 ☆☆
    • 基本的には単調な滑りよりも、斜面状況に合わせて複数の技術・ターンを組み合わせたものが高評価になる。

「フリーライド(ナチュラル)」

  • 非圧雪の指定バーンの中でバーン状況に合わせたスピードのある流れの良い演技構成が望まれる。
  • レベル1=77点以下
    • ターンにズレがありスピードがない。演技構成も単調で一つ一つの技術が未熟。
  • レベル2=78~82点
    • スピードはあるがターン中のズレが多い。演技構成も単調で一つ一つの技術が未熟。
  • レベル3=83~87点
    • スピードはありカービングになってはいるが、浅回りでターンの質は良くない。演技構成も流れが途切れてしまう。トリックをするが流れが大きく途切れてしまう。
  • レベル4=88~92点
    • スピードもあり積極性も見える。演技構成もまあまあな滑り。トリックの完成度も高いが、やや流れが途切れてしまう。
  • レベル5=93点以上
    • 滑走スピードも高く運動の質も良い。トリックのバリエーション、完成度も高く流れも良い。演技構成の流れも良い素晴らしい滑り。なお、ターン運動の質は、雪面抵抗の少ない効率の良いものほど高い評価をしたい。
  • 上記の滑りの基本評価から転倒などのバランス減点が発生する。
  • <重要なジャッジングポイント>
  • *ターンスピード ☆☆☆☆
    • 基本的にはスピードが速い方が評価は高くなるが、ターンスピードなので直滑降やかなり浅廻りで外力の影響を受けない滑りでスピードを出しても評価にならない。
  • *ターンの質 ☆☆☆☆
    • 外力とのバランスを取りながら、しっかりとボードに働きかけをしてボードの滑走性能を引き出した滑りが評価される。
  • *演技構成 ☆☆
    • 基本的には単調な滑りよりも、斜面状況に合わせて複数の技術・ターンを組み合わせたものが高評価になる。

「カービングターンロング」

  • カービングターンロングはターン形状として半円をつなぐターン弧を目指したうえで、斜面・スピード・雪質に合わせた角付け・荷重・ローテーションと効率の良いカービングターンを求める。またスムーズでキレとスピードのあるターンであること。運動に関しては自由とし、加減点の対象としない。
  • レベル1=77点以下
    • ターンがカービングになっていない。
  • レベル2=78~82点
    • 時々ターンにズレがみられるところがある。
  • レベル3=83~87点
    • カービングはしているがバーン状況に合わせた運動がマッチしていない。
  • レベル4=88~92点
    • ターンのキレ・リズムもあるがスピードが物足りない、ターン横への移動が多く落下移動が少ない。切り替えや運動は、適切である。
  • レベル5=93点以上
    • ターンのキレが良くスピードもある。リズミカルで切り替えや運動も適切である。スピードで大切な落下運動も十分行われている。
  • 減点項目=左右均等なターン弧になっていないもの、極端なサイズ違いと思われるものは、上記ターン評価から減点される。
  • <重要なジャッジングポイント>
  • *リズム(左右均等なターン弧) ☆☆☆☆
    • ロングサイズに最適なリズムで、バランスを崩さない程度の早い切り替えにより、エッジングしているターン中の荷重時間を長く取り、半円を描くようにしっかりと乗り込んだものが高評価となる。
  • *ターンの質 ☆☆☆☆
    • 外力とのバランスを取りながら、しっかりとボードに働きかけをしてボードの滑走性能を引き出した滑りが評価される。
  • *ターンスピード☆☆☆
    • 基本的にはスピードが速い方が評価は高くなるが、ターン形状は半円をつなぐことを高評価とするうえでのターンスピードなので、直滑降やかなり浅廻りで外力の影響を受けない滑りでスピードを出しても評価にならない。

「カービングターンミドル」

  • カービングターンミドルは、約8~10mのふり幅、およそ圧雪車2台分くらいのリズムをミドルターンとする。斜面・スピード・雪質に合わせた角付け・荷重・ローテーションと、ターン形状として半円をつなぐことを目指したうえでの効率の良いカービングターンを求める。またリズミカルでキレとスピードのあるターンであること。運動に関しては自由とし、加減点の対象としない。
  • ■レベル1=77点以下
    • ターンにズレが多く、リズムもバラバラな滑り。
  • ■レベル2=78~82点
    • ターンのキレはそこそこあるが、リズムがバラバラな滑り。
  • ■レベル3=83~87点
    • ターンにキレはあるが、スピードオーバーになっている。リズムもまばら。
  • ■レベル4=88~92点
    • ターンのキレ・リズムもまあまあ良く出来ているが、スピードが物足りない。ターン横への移動が多く、落下移動が少ない。切り替えや運動は適切である。
  • ■レベル5=93点以上
    • ターンのキレが良く、スピードもある。リズミカルで切り替えや運動も適切である。スピードで大切な落下運動も十分行われている。
  • 上記の滑りの基本評価から転倒などのバランス減点やサイズ指定による減点などが発生する。
  • <重要なジャッジングポイント>
  • *リズム ☆☆☆☆
    • 荷重・抜重のタイミングをミドルサイズのターンに最適と思われるリズムで個々のターンを形成しながら、さらに全体を通しての連続ターンも同じリズムでそろえて滑走できることが高評価になる。
  • *ターンの質 ☆☆☆
    • 外力とのバランスを取りながら、しっかりとボードに働きかけをしてボードの滑走性能を引き出した滑りが評価される。ミドルサイズに最適なリズムでのターンとターンをつなげる滑りが高評価で、ターンとターンの間を斜滑降でつなげてしまうようでは評価が下がる。
  • *ターンスピード☆☆☆
    • 基本的にはスピードが速い方が評価は高くなるが、ターン形状として半円をつなぐことを目指したうえでのターンスピードなので、直滑降やかなり浅廻りで外力の影響を受けない滑りでスピードを出しても評価にならない。

「ショートターン(展開)」

  • ショートターンをスタートからフィニッシュまでの前半と後半でベーシック系とダイナミック系の運動を使って展開(順番指定無し)を行う。
  • 地区大会種目と同じく、ベーシック運動は脚部全体(股関節・ひざ・足首)を使ったストローク運動での立ち上がり抜重と沈み込み荷重を用いたものをベーシック運動とする。(股関節だけを曲げて重心の上下動でストロークを使わないものはベーシック運動とはみなさない。)
  • ショートリズムの範囲内で運動の違いをしっかりと表現しながら、なおかつターンの質を求める。
  • 各運動の完成度やカービングのキレ・スピードなどを総合的にジャッジする。
  • 運動の展開時における流れの良し悪しは加減点の対象となる。
  • ■レベル1=77点以下
    • ズレが多く各運動の完成度も良くない。展開の流れも良くない。
  • ■レベル2=78~82点
    • カービングにはそこそこなっているが各運動の完成度は不十分。
  • ■レベル3=83~87点
    • カービングはまあまあ出来ているが各運動の完成度が不十分。またはどちらかの運動は良いが、片方の運動は良くない滑り。
  • ■レベル4=88~92点
    • カービングは良くできているが、各運動の完成度はそこそこの滑り。スピードがやや遅くカービングはまあまあだが、各運動の完成度は良くできている。
  • ■レベル5=93点以上
    • スピードもありカービングがしっかりできている中で、各運動の完成度も高い。運動の展開を含めて全体の流れが良い滑り。
  • 上記の滑りの基本評価から転倒などのバランス減点やサイズ指定による減点などが発生する
  • <重要なジャッジングポイント>
  • *運動 ☆☆☆☆☆☆
    • この種目は運動要素の理解度を推し量る種目のひとつである。指定された運動要素を明確に表現した方が評価は高くなる。タイミング・リズム・力の強弱など、状況に合わせて的確にコントロールしてください。
  • *ターンの質を伴ったスピード ☆☆☆
    • 運動要素が出来ていてもターンの質やスピードが伴わなければ全体評価は悪くなる。運動要素を表現した中で、同時にターンの質・スピードが高いものが高評価になる。
  • *流れの良い展開 ☆☆
    • 2つの運動表現をするうえで、その変化が全体の流れを損なわずにスムーズに行われ、なおかつその違いを明確に表現できたものが高評価になる。

「グラウンドスタイル」FS指定種目

  • スタートからゴールまでの一連の流れの中で、トリック要素の演技を組み入れて滑走する。流れが途切れないように通常のターンをつなぐ中での滑走を求める。
  • <ジャッジングポイント>
  • オーバーオールインプレッションで各ジャッジが得点を出す。
  • 全体の流れの中での演技を見たうえで、ジャッジが感じる印象度・完成度・バランス等。
  • トリックはバリエーションが多いほど評価が高い・各トリックの技術要素が高いほど評価が高い。(例:ローテーションでいえば、同一方向だけの回転でなく、さまざまな回転を取り入れたほうが良い。ジャンプでいえばボードの反発を上手く使って行う方が評価は高い。)
  • ■レベル1=77点以下
    • 各トリック演技をするたびに流れや動きが止まるなど、もたつくようなスムーズさを感じない演技。
  • ■レベル2=78~82点
    • 時々流れが悪くなるような演技や、全体的に技術不足が感じられてしまう演技。
  • ■レベル3=83~87点
    • 全体にスムーズにそれなりのレベルで滑走できた演技や、レベル4クラスの演技だが一部流れが止まってしまうようなミスがある演技。
  • ■レベル4=88~92点
    • 減速要素を感じさせない早いスピードの中でトリックもスムーズに行い、且つ技術要素が高いと思われるがトリックバリエーションが少ない滑り。減速要素を感じさせない早いスピードの中で様々なトリックも行っているが、一部のトリックにおいて技術要素の高さを感じられない滑り。
  • ■レベル5=93点以上
    • 減速要素を感じさせない早いスピードの中で様々なトリックもスムーズに行い、且つ技術要素が高いと感じさせる素晴らしい演技。
  • *減点要素(オーバーオールインプレッションの得点の中に組み込まれます。)
    • :転倒
    • :流れが途切れた演技

「制限滑走」AL指定種目

  • 競技種目のGSやSLのように、スタートからゴールまでのインターバル・ふり幅等が種目に合わせて設定されているのではなく、スタートからゴールまでのインターバルやふり幅が自由設定である。競技バーンに合わせてインターバルやふり幅が、時にはGSのようであったり、時にはSLのようであったりと、自由にミックスされたセットの中でタイムを競う種目である。タイムは滑走種目の得点平均をもとに換算される。

前のページに戻る

ad.jpg